腸閉塞を予防するなら便秘を改善するべきです!

女性

タンパク質の分析や解析

婦人

免疫沈降は、抗原・抗体反応を利用した生化学の手法のひとつです。サンプルから特定のタンパク質を分離したり精製したりでき、DNAやゲノムの解析、神経細胞の分化のメカニズムなどの研究に欠かせない手法となっています。またその他の様々な分野にも用いられています。

詳細を読む

新薬開発と再生医療

カウンセリング

医療の進歩を支えている新薬開発の現場では、非臨床試験の段階でヒト細胞を使った試験も欠かせません。試験の際には継代培養細胞株よりも、プライマリーセルと呼ばれる初代培養細胞の方が生体反応に近い結果を得られます。プライマリーセルは新薬開発ばかりでなく、今後は再生医療の分野への応用が期待されています。

詳細を読む

腸にもたらされる病気

女性

原因について

腸閉塞という病気をご存じでしょうか。腸閉塞は、腸がねじれたり、腸に腫瘍が出来たりすることによって腸が塞がれてしまい、様々な症状をもたらしてしまう病気です。また神経の異常や炎症などによって、腸の動きが鈍ってしまい、内容物が腸内に停滞してしまうことも腸閉塞の原因の一つです。腸閉塞の症状としては、老廃物が適切に体外へ排出されないことによって起こるお腹のハリや、吐き気、腹部の強い痛みなどがあげられます。腸閉塞が悪化していくと、排出されるべき便が異を逆流してきて、便のにおいのする汚物を吐いてしまうこともあります。このように腸閉塞は症状としてはとても辛いものであり、治療も簡単なものではないため、予防をすることが大切となります。

予防方法の紹介

腸閉塞の予防として一番大切なのが、適切な排便習慣をつけるということです。特に女性は便を我慢しがちな人や、便秘がちな人が多いため注意が必要です。腸が便によって詰まりやすく、それによって炎症を起こしてしまう可能性も多くあります。健康的な排便習慣を身に着けることで、腸閉塞の予防につながります。また、どうしても排便がスムーズに行われない場合は、下剤や漢方薬の内服をすることも大切です。薬の力を借りることによって、徐々に自然にスムーズな排便を促すことが出来るようになります。また、乳酸菌を多く含む牛乳やヨーグルトなどを積極的に摂取し、腸内環境を整えることも腸閉塞を予防する対策の一つです。腸の健康を保つことで、腸閉塞を予防し体全体の健康を維持することが出来ます。

検診で不安を取り除く

病院

乳がんの不安がある場合には、乳がん検診を受けることになるでしょう。外科では初診で異常がない場合においては、定期検査などは近くの医療設備が整ったクリニックを紹介することを提案し、早期発見できる検診の流れも評価を高めています。

詳細を読む